レイキ使用例・効果5

レイキ伝授後の使い方・ヒーリング効果

  5

霊気シャワー

私が朝一番にする事は、まずコーヒーを飲む。その次は、霊気シャワー
10分から20分位だけど、一日の流れが変わるから欠かせないんです。
体の中をクリアにして、良い事を引き寄せて いい一日を過ごす為です。
仕事の流れが大きく違います。
が…やはりいろいろな人と接していれば、いろいろな感情が混ざってきます。
自分が濁ってきたと感じたら又仕切りなおしに少し流してみます
ヒーリング・伝授の前にも必ずします。
それ以外の自分に対してだけでも、日に最低3回は霊気を浴びる様にしています。
私にとっては とっても有難いものです

野良猫の喧嘩

先日夜中、外でたぶん野良猫の喧嘩が始まりそうでした。
家の庭をウロウロする2匹、仲が悪い。
匹は首の下から皮が剥けてて、何ヶ月も足を引きずってる。
もう一匹は前足の皮が10cm位剥けている。

 

猫って噛まれた小さな傷でもすぐ化膿して全身に回ってしまうし、傷口舐めてるうちに、傷より大きな穴が開いたりしてるんです。
心配でも何もしてあげられない。電気を消すと家に入って盗み食いをするのをたまに見ぬふりする位…。

喧嘩も家の庭なら戸を開けて解散させるけど、声の距離はお隣。
そこで、2匹の頭に遠隔でレイキを送るイメージをしてみた。

結果、だんだん声が小さくなって、喧嘩する本能と、でもなんか眠くなってきた…みたいな声。
そして喧嘩しないで解散したみたいです。
あの子達は喧嘩に命かけてます。
ヒーラーさん 喧嘩の声が聞こえたら 是非やってあげて下さい。

レイキ伝授を受けた頃

私がレイキのアチューンメントを受けたのは遠隔でした。
最初の21日間マニュアル通りに基本ポジションに手を当て続けました。

自分の体の中の変化は、何かに手を当てると口の中に変化があり、体の中を何か流れるんです。

パソコンのマウスを使ってても流れ始める。

この辺がファーストの回路が開かれている…って事だと思います。
どこか痛い時やイライラする時にマントラを使い集中的に当てます。
ほとんど頭からで全身に流れるらしく、足等ピリピリします。

頭痛の時は頭に当てて気持ちがいいけど少し時間が立つと戻ってしまう。
そこで発見したのは二の腕の筋肉の三角の終点の所、ここに当てると私の頭痛は和らぐんです。

 

そんな事を楽しんでいる頃、本を読み、脳の中の話にちょっと止まってしまいました。
私の解釈として…レモンを想像すると唾液が出る。
脳の記憶です。レイキもそうなんじゃないか?
私の脳が手を当てるとアルファー波が出て癒されるのは自分の中の事だけだったのか?って思った時期もありました。
でも遠隔でレイキを送る様になり、遠くの人の反応に確信と喜びがありました
 『レイキはあるんだ!』そこからどんどんエネルギーが強く出る様になりました。

ヒーラーとして

医療って限界があって、薬・治療 出来ない時があります。
その時はその人の治癒力にかけるしかないでしょ。
医者が出来ないのなら「自分に出来る事はこれしかない。

「私がなんとかするから」って気持ちになります。
そんな時は「光貸して下さい。」ってお願いしながら、宇宙に対して心から最大限を望みます。

人は母から生まれ遺伝子を継がれますよね。
人間も宇宙から生まれ落ちた一個です
人間の本来持っているものを宇宙のエネルギーによって動かす・増やす・?
どの言葉がいいかわかりませんが、正しい形に持っていくのだと思います。

 

ヒーラーはその仲介・パイプ役となります。

まず伝授と言う見えない世界の決まり事?により回路を開きます。
そして習った手法によりヒーラーとして使う事が出来ます。
生まれつきの霊感がなくても、気を流す大変な訓練もいりません。
ただ人に流す時には、当たり前の人間性は必要になりますが…。
ヒーラーとは職業としてするだけではありません。
まず自分にです。
自分の精神状態・健康状態に対していつでも使えます。
そして身内。自分が持ってて良かった思う時があります。
病院では原因不明・良くならない。医療の限界等・・・最初も最後も人の免疫。
ヒーラーは治すと言ってはいけません。

でも、その状態の時「私が治す」っていう勢いでやっています。
身内は人だけではありません。 猫達も同じです。

  5

© 2008 by Pur Vie. All Rights Reserved