アチューンメント(伝授)とは

サイト内のページ

【アチューンメント(伝授)とは】

エネルギーを自分で使えるようになる為に伝授を受ける事を言います。
伝授を受けるとヒーラーになります。

伝授によって回路を開きます。
そして習った手法によりヒーラーとして使う事が出来ます。
生まれつきの霊感がなくても、気を流す大変な訓練もいりません。
 
アチューンメント(attunement)というのは「無線電波に波長を合わせる」

という意味で使われる言葉ですが

伝授も「高次元のエネルギーに波長を合わせる」という意味から使われるようになったものでしょう。
各エネルギーのシンボルやコトダマによって、高次元の波動と共振共鳴できるように、レイキ等は各ポイントに環境設定を行っていきます。 

 

【遠隔アチューンメント(伝授)とは】

対面でしたら直接伝授の手法を受け、講義を聞いたりしますが、遠隔の場合は時間を合わせてこちらでその手法を行い、ご自宅で体制をとっていただいているご依頼者にヒーラーとなる一式を遠隔で送ります。
テキスト等郵送しますので、それを読みながら自分で学んでいきます。

 

遠隔アチューンメント(伝授)でも効果があるか?  
遠隔アチューンメントの良い点  

対面での伝授との比較になりますが、ご自分の状況とタイプで考えてみたら良いかと思います。

レイキで言いますと、対面伝授は各ディグリー毎にサロン等に行きます。
ファーストに対して3回のアチューンメントを休憩を取りながら受け、講習等を受けます。
次のステップには約一ヶ月程あけて次のアチューンメントを受けます。

 

遠隔では自宅で椅子等に腰掛け、合わせたお時間に体制取り、受け取っていただきます。
遠隔ですので訪問ではありません。マスターはマスターの家等から送ります。

認定証もテキストも郵送で届きます。
テキストが届いたら早速21日間の自己ヒーリング等を始めます。

Pur Vieでのテキスト・参考資料は 
ファースト22ページ セカンド15ページ サード24ページ マスター19ページ 計80ページ 

対面で行われている講習は、この様なものを見ながら説明されるのだと思います。
小さい声でいいますと、テキスト等に書かれている事ですから… 

 

学校の授業を想像して下さい。
私の場合、人のペースは頭に入らない。理解する為には自宅で復習。
何か習い事を楽しみたいのであれば、対面の方が楽しいかもしれません。

でも私のようにマイペースが好きであったら資料を読めば理解できます。

 

もう一つ学校での理科の実験や家庭科の実習 
意欲的な子は率先して行って、目で見て収穫がありますが、私の場合わからず仕舞い。

 

私は遠隔マスター一括伝授を受けました。 
伝授は約一時間。自宅で受け取りました。
その後自分のペースで好きなように試してみたり、実験 (レイキの実験) してみたり、
その時その時の沢山の気づきと、いろいろなご依頼者様との出会いによって、
今しっかり使えていますし、伝授をし、受けた方もマスターとしてちゃんと使われています。

資金や時間…ある方はよいのですが、そうでない方は遠隔伝授がお勧めです。 

対面は目で見てこれる利点があります。 
でも、全部が終了した後からのスタートは個々の意志次第です。 
 気持ちさえ向ければ、シンクロやメーッセージが増える事で、目で見る機会や分からない事は、自然と体験として与えて貰えますから。 

© 2008 by Pur Vie. All Rights Reserved